借金100万円の返済方法と債務整理を今すぐすべき理由

未分類

借金が100万円になってしまった…でもまだ100万円だから大丈夫かな?

そのように感じている人もいらっしゃると思います。

ですが,100万円の借金でも,すでに危険な状態といえる人もいます。

この記事では,100万円をできるだけ早く完済するにはどうすればよいのか,債務整理を検討すべきなのはどのような場合なのかなど,借金が100万円ある人の問題について,解説していきます。

借金100万円の返済方法とは

借金が100万円になってくると,返済の負担は大きくなってきますので,早く完済できるに越したことはありません。

後でも説明するように,100万円ともなると,利息も大きな額になります。ですから,利息の負担を減らしていくことが返済総額を減らし借金返済の負担を軽減するためには重要となってきます。

そこで,まず,利息の負担を減らす返済方法について,みていきましょう。

繰り上げ返済

毎月決められた金額よりも多い額の返済していく方法です。

多く返済すれば,その分元金の返済にあてられる金額が大きくなります。

そうなると,将来かかってくる利息が減り,返済総額を減らすことができるのです。

繰り上げ返済の方法は,毎月少しずつでも多めに返すという方法でもよいですし,まとまった収入があったときに一気にたくさん返済してしまうという方法もあります。

おまとめローンの利用

複数の業者から借り入れをしている場合には,おまとめローンを利用することが有効な場合があります。

おまとめローンとは,複数の借入先からの借金を金利の低い1つの会社にまとめる方法です。

おまとめローンを利用して金利が低くなると,返済総額を抑えることができます。

また,借入先を1つにすることで,返済日の管理をしやすくなるというメリットもあります。

繰り上げ返済やおまとめローンによる解決が困難な場合もある


これまで説明したような方法でできるだけ早い完済を目指すことができる場合はそれでよいでしょう。

しかし,誰もがこのような方法をとることはできません。

繰り上げ返済をするためには,お金を多く用意する必要があります。

借金が増えてきている人の場合,生活がすでに苦しくなっていることも少なくありません。

そのような場合には,決められた返済額以上を返済にあてることは容易ではありません。

また,おまとめローンは,新たな借り入れになりますので,審査があります。

審査に通らなければ利用することはできません。

すでに滞納を重ねていて信用情報に事故情報が登録されている(ブラックリストにのっている)場合には,審査に通ることは紀和得て難しいでしょう。

借金100万円の債務整理を今すぐすべき理由

「繰り上げ返済やおまとめローンなどを利用することができない。」

「でも,借金は全然減らず返済に困る状況にある。」

そのような場合には,債務整理を検討すべきです。

特に,追加で借り入れをしてしまっていたり,借金を返済するために別の金融機関から借金をするような状態になっていたりするような場合,すぐに債務整理に着手すべきです。

借金が100万円であれば,それほど大きな額ではないと考える人も多いですが,実はそれほど甘いものではないのです。

以下,その理由について,説明していきます。

100万円は決して小さい金額ではない


そもそも,日本人の平均収入は,400万円程度です。

平均の年収がある人にとっても,借金が100万円あるということは,年収の4分の1もの借金を抱えているということになるのです。

また,若い人や女性など,平均の年収よりも低い年収の人ももちろんたくさんいます。

そのような人にとっては,さらに,年収に対する借金の割合は大きくなります。

また,“借金100万円”といっても,借金には利息が発生します。

例えば,100万円を年利15%で借り入れ,50回払いで返済する場合の支払い総額は,135万858円になります。

35万円以上もの利息を支払うことになるのです。

支払い回数が増えれば,さらに利息は増えていきます。

2社以上から借金があると利息の負担はさらに増える

利息の上限は,利息制限法という法律に定められています。

具体的な上限金利は以下のとおりです。

元金10万円未満              年20%
元金10~100万円未満    年18%
元金100万円以上           年15%

このように,上限金利は,元金が少ない程高く設定されているのです。

ですから,例えば,100万円の借金を,50万円ずつ2つの会社から借りていると,金利は,18%などと高い金利になっていることがあるのです。

具体的な利息を確認してみます。

50万円を18%の金利で借り入れ,50回払いで返済する場合の支払い総額は,それぞれ返済総額69万8058円,利息分19万8058円となります。

つまり,返済総額は,139万6116円,利息に39万円以上支払うことになります。

このように,同じように100万円の借金があっても,複数の金融業者から借り入れがあると,さらに利息の負担は増えるのです。

債務整理の種類


債務整理には,種類があります。

任意整理,特定調停,個人再生,自己破産の4つです。

特定調停が利用されることはあまり多くないので,ここでは,特定調停以外の3つを取り上げます。

任意整理

任意整理とは,将来の利息や遅延損害金を免除してもらうなどして,債務の総額を減らし,3年~5年程度で返済していくという約束を債権者とする手続きです。

通常,弁護士などの専門家が本人に代わって債権者と直接交渉を行います。

個人再生

個人再生とは,借金を大きく減額してもらい,残りを原則3年間という期間で返済していくという計画を立てて,裁判所に認可してもらう手続きです。

基本的には,借金の減額幅は以下のとおりです。

100万円未満の場合                                     借金総額全部
100万円以上500万円以下の場合              100万円
500万円を超え1500万円以下の場合        借金総額の5分の1
1500万円を超え3000万円以下の場合      300万円
3000万円を超え5000万円以下の場合      借金総額の10分の1

任意整理よりも,大きく借金が減らせる点,また,住宅ローン特則を利用することでマイホームを手放さずに手続きを進められることがある点が大きなメリットです。

自己破産


自己破産とは,借金を支払うことができなくなったときに,自分の財産をお金に換えて,各債権者に分配することで,残りの借金を免除してもらう手続きです。

裁判所に申し立てる必要があります。

借金がほとんど全て免除されるという点が大きなメリットです。

100万円以の借金の場合,任意整理がおすすめ

このように,個人再生や自己破産には,借金の額が大きく減額されたり免除されたりというメリットがありますが,裁判所を通す手続きなので,様々な制約も生じ得ます。

自己破産では,価値のある財産を手放す必要がありますので,気軽に利用することはできないでしょう。

もちろん,借金の額が大きい場合には,それでも自己破産を選択するメリットの方がずっと大きいというケースは少なくありません。

ですが,借金が100万円ほどであるという場合は,任意整理がおすすめです。

任意整理は,裁判所に申し立てる必要のない,任意に交渉を行うだけの手続きです。

そのため,個人再生や自己破産と比べてデメリットも少ないですし,裁判所に納める費用も必要となりません。

手続きの複雑性も低い場合が多いので,通常,その他の債務整理を選択するよりも弁護士費用も低くおさえられます。

また,そもそも,借金が100万円程度であれば,収入や生活状況にもよりますが,借金を返せない状態であるとは認めてもらえず,個人再生や自己破産を利用することが許されないことも多いです。

ですから,この記事で取り上げているような借金が100万円という段階では,任意整理を選択することをおすすめしているのです。

まとめ

このように,借金が100万円の場合,「100万円だからまだ大丈夫」などと甘く考えるのは危険です。

返済が厳しくなっている,借金が減っていかないと感じているような場合には,債務整理を検討すべき時期に来ている可能性があります。

実際に債務整理を行うかどうかはともかく,そのような場合には,早めに弁護士に相談しましょう。

債務整理を行うべきかどうか,また,行うとしてどの種類の債務整理を選択すべきかについて,弁護士からアドバイスをもらっておくと安心です。



現実と向き合いたくない借金問題はどうしても放置してしまいがちです。

しかしながら、問題を後回しにすればするほど状況は悪化するだけです。

現在の日本では、法律で借金問題は簡単に解決することができます。

借金問題を解決し、1日も早く新しい充実した人生を再スタートしましょう。

コメント

        

検索

カテゴリー

ピックアップ